職場紹介|京都山城総合医療センター看護師リクルートサイト

病棟・委員会紹介INTRODUCTION

京都山城総合医療センターの病棟/委員会のご紹介

病棟のご紹介

各病棟では、特化した知識・技術の向上に向けて病棟教育委員が活発に企画運営しています。

委員会の紹介はコチラ

8階病棟

平成26年度診療報酬改定により「地域包括ケア病棟」として稼働する病棟です。スタッフは看護師、看護アシスタント、病棟クラーク計30名で構成されています。地域包括ケア病棟の立ち上げに向けて看護体制の変更、業務分担の見直し、整備を行い、少しずつ実績づくりに取り組んでいます。今回の取り組みは、すべてが初めてであり、毎日が手探り状態ですが、在宅での患者家族のさまざまな問題を解決し、個別的な看護ケアを提供し、スムーズな退院調整ができるようにスタッフ一丸となり頑張っていきます。皆様のご協力よろしくお願い致します。

7階病棟

消化器内科・循環器内科等を主体とした急性期内科病棟です。急性期の病棟として、様々な疾患やあらゆる状況下での状態の変化に対応できるよう、病棟学習会などを頻繁に行い、自己研鑽に努めています。入退院が多く、在院日数が短い病棟ですが、患者様や家族の思いに寄り添い、充実した温かみのある看護ケアができるよう精神的援助も大切にし、日々笑顔で頑張っています。

6階病棟

6階病棟は外科・泌尿器科・眼科・腎臓内科の混合病棟です。周手術期・化学療法・ターミナル期や透析患者の生活指導・腹膜透析指導などの幅広い知識が必要ですが、スタッフ皆で切磋琢磨して頑張っています。緩和認定看護師やがん疼痛認定看護師を含む緩和ケアチームとの協同などチーム医療にも力を注いでいます。「和気あいあい」とした雰囲気をモットーに、「心の通い合える看護の提供」を目指しています。

5階病棟

脳外科、整形外科、脳神経内科、内科の混合病棟です。手術・検査の患者様、退院を目指しリハビリに励む患者様の看護を行っています。後遺症によってADLに支障をきたす患者様が多く、他部署との連携は不可欠。様々な部署と連携し、患者様とそのご家族を支える看護を目指しています。大変な時期に関わるからこそ明るい笑顔を忘れずに働いています。

4階病棟

産婦人科・小児科・小児外科・眼科・内科の混合病棟です。病棟では四季折々の飾りつけを行い、七夕・クリスマスや節分などに合わせてレクリエーションを開催しています。患者様より「うちの孫が入院していた。」「娘がここで出産した。」「母が今度手術でお世話になります。」と言われることが多く、何世代にもわたる地域に根付いた看護が提供できることにやりがいを感じます。日々、新しい生命が誕生する4階病棟は、病院唯一の『パワースポット!?』患者様やご家族を癒すことができるようスタッフ一同頑張りたいと思います。

3階病棟

重篤な患者さんを対象とする集中治療室では、医師、看護師をはじめ、薬剤師、臨床工学技士、理学療法士などの専門職種が協働し治療にあたるチーム医療が不可欠です。私たちは、各職種がその力を最大限に発揮し、最高の医療を提供するために、カンファレンスなどでのコミュニケーションを大切にしています。そして何よりも、各自が「チームICU」の一員としての自覚と誇りを持ち、「私たちがこの患者さんを助けるんだ」という熱い気持ちで、日々医療に取り組んでいます。

外来看護部

外来には、一般診療科と中央処置室・内視鏡室・放射線科・救急室・外来化学療法室があります。在来日数の短縮や外来における高度な検査・治療の増加により外来看護師の役割は高まってきています。専門性を発揮し、安全・安心を届けられるように日々努力しています。又、在宅と病院、病院とのかけ橋となれるように、院内・院外の多職種との連携を大切にして、患者・家族さんを支えていきたいと考えています。

※24時間対応 ■内視鏡処置 ■心臓カテーテル治療 ■脳アンギオ 等

透析室

透析室では生活習慣病の増加や医療技術の進歩に対応し、メンタルサポートも含めその人らしい生活の質が保障できるような看護の提供を心掛けています。透析導入から維持期にかけ毎月の検査データをもとに栄養、生活指導を行い、家庭での記録を患者さまの健康管理に役立てています。また、腎臓内科の医師2名を迎え腹膜透析外来が始まり、透析導入にあたり、血液透析、腹膜透析の2つの選択肢の説明を行い、その人に合った治療が選択できるよう支援しています。

手術室

私たち手術室看護師は、患者さんをはじめ主治医・麻酔科医師・看護師・臨床工学技士・助産師、放射線技師、臨床検査技師などあらゆる職種のスタッフが一つになり、チームとして一人の患者さんの手術を担うことに責任を持ち日々看護を行っています。
術前訪問では直接患者さんにお会いして、手作りのパンフレットを用いて手術が始まるまでの流れを説明しています。麻酔や手術の説明が理解できたか、心配なことはないかなどについて話を伺います。麻酔がかかるまでの短い時間を大切に、OPルーム内で患者さんのお好みの音楽を流したり、アロマセラピーを行い少しでもリラックスして手術に臨んでいただけるよう、一人一人が個々の患者さんに合った手術看護を実践するにはどうすればよいかを考えながら看護実践しています。麻酔がかかった後は患者さんの安全を守るためバイタルサインの変化や術中の特殊体位による体の変化がないか常に観察し、術後訪問では患者さんから直接話を伺うことで自分たちの看護に対する評価を行い今後の看護に活かしています。
麻酔科医、医師共にコミュニケーションも良好で、勤務しやすい環境の中でチーム医療が行われています。

委員会紹介

  • 教育委員会

    自ら学びの姿勢により自己成⻑の意欲を培っていく教育プログラム、クリニカルラダーに基づいた教育の企画運営・評価を行います。

  • 業務委員会

    日常の看護業務に対し常に疑問を持ち、エビデンス(検証結果)に基づいた業務改善をすすめる会です。病院理念である「安全」を第一に考え「人・者・金・情報・時間」を上手く活用できる方法を検討しています。

  • 看護記録委員会

    他部門、他の委員会と連携を図り、看護支援システムの効率化を目指し活動をしています。また、看護記録において看護診断の勉強会を全職員対象に実施し、記録の質向上に取り組んでいます。

  • 看護の日委員会

    看護の日とは、5月12日のナイチンゲール生誕の日に由来し、看護の心を社会全体に広めることを目的として制定されました。当院では毎年、「看護の日健康フェスタ」を開催し、地域住民の皆さまの健康の増進を図り、併せて親睦を深めるための取組みを行っています。

  • 副師⻑主任会

    月に1回、各部署の副師長及び主任が集まり、スタッフの意見を吸いあげ、WLBの推進等働きやすい環境作りを目指すとともに、再就職支援や病院説明会などの活動も行っていいます。

  • 認定看護師会

    6分野の認定看護師7名で活動しています。認定看護分野ごとの専門性を生かしながら、役割である「実践」「指導」「相談」を行い、地域住民に向けての情報を発信することで病院全体や地域における看護の質の向上に努めています。

  • 臨床指導者委員会

    当院では毎年、看護学生を受け入れ、未来の看護師の育成を積極的に行っています。各病棟に臨床指導者を配置し、実習環境を整えるとともに各学校の教員の方々と打合せを行っています。学校と患者・家族の連絡調整や、学生のフォロー、スタッフへの伝達事項と役割は多岐にわたります。一人前の看護師になれるよう、そのお手伝いをしていきたいと思っています。

Let's works with us

京都山城総合医療センターで、私たちと⼀緒に働きませんか︖

お問い合わせ

各種お問い合わせやご相談はお気軽にどうぞ。

メールでお問い合わせ

採用情報はこちら

新卒募集要項

中途募集要項

お問い合わせ・資料請求の方はこちら

Page Top