コロナお知らせ
来院される方へ
病院のご紹介
医療関係者の方へ

平成28年度病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 512 139 101 212 210 299 863 1275 997 260
当院の一般病棟を退院された患者さんの年齢階級別患者数です。70歳以上の割合が全体の52%となっており、全国で高齢化が進んでいる影響から、高齢者の入院が多くなる傾向にあります。そういった中でも当院は小児・周産期医療にも力をいれており、0~9歳の乳幼児の患者さんが10%を占めています。地域の中核病院として乳幼児から高齢者まで幅広い年代の患者さんに利用していただいています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患-経皮的冠動脈形成術等-処置1:なし、1,2あり-処置2:なし-副病:なし 189 4.89 4.71 0.53% 72.14
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎-限局性腹腔膿瘍手術等-処置2:なし-副病:なし 78 13.18 11.06 2.56% 75.67
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置2:なし-副病:なし 71 33.10 21.25 18.31% 86.08
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:2あり-処置2:なし-副病:なし 68 5.10 3.22 2.94% 73.29
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 65 21.23 17.95 6.15% 83.26
昨年に引き続き狭心症・慢性虚血性心疾患・胆管結石・胆管炎・肺炎が上位を占めています。これらの疾患は救急搬送されるケースが多く、緊急で手術や処置を要することも多いので、当院が地域の中核病院として救急医療に対して貢献できていることを反映していると考えられます。今後もできる限り受け入れができるように尽力して参ります。
また高齢化社会を反映して誤嚥性肺炎の患者数が増えており、これらの患者さんに対しても嚥下機能評価・地域包括ケア病棟での長期のリハビリを駆使して、最大限在宅復帰ができるようにチーム医療として取り組んでいます。
小児科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)-手術なし-処置2:なし-副病:なし 75 5.31 5.79 1.33% 4.53
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)-副病:なし 59 5.00 6.02 1.69% 2.00
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎-処置2:なし 56 4.54 5.5 0.00% 4.21
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎-処置2:なし 50 4.88 6.09 0.00% 2.78
040100xxxxx00x 喘息-処置2:なし-副病:なし 31 4.77 6.42 0.00% 3.97
細菌、マイコプラズマ、RSウィルスなどによる呼吸器感染症が上位を占めており、そのほかウイルス性腸炎、インフルエンザ等のウィルス感染症、に対する入院治療が中心です。いずれも全国平均を下回る在院日数を達成しています。上位5位以外にも病的新生児を含む幅広い疾患の診療に対応しています。
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:なし 37 2.68 3.68 0.00% 75.16
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍-乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等-処置2:なし 24 14.63 11.57 0.00% 57.88
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍-手術あり-処置2:1あり-副病:なし 23 12.13 21.29 0.00% 72.83
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)-腹腔鏡下胆嚢摘出術等 21 5.38 6.82 0.00% 59.57
060150xx03xxxx 虫垂炎-虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 18 4.67 5.6 0.00% 27.83
鼠径ヘルニア手術等、短期滞在手術の症例は、本集計には反映されていません。気管支鏡の検査を外科入院で行なっています。乳癌、肺癌の症例が増加しています。肺癌手術は鏡視下で行なっているので、入院期間が短縮できています。乳癌の術後に入院でリハビリテーションを施行しているので、入院期間が全国平均より長くなっています。胆のう結石症や虫垂炎の良性疾患を始め、消化器癌も積極的に腹腔鏡下で手術を施行しています。
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等 22 54.09 27.63 13.64% 81.18
160850xx97xx0x 足関節・足部の骨折、脱臼-その他の手術あり-副病:なし - - 9.86 - -
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等 - - 26.26 - -
160720xx01xx0x 肩関節周辺の骨折脱臼-骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等-副病:なし - - 14.19 - -
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等 - - 24.42 - -
股関節脱臼骨折により、脱臼を繰り返した症例や、急性期治療の後に地域包括ケア病棟での入院となった症例も含まれており、平均在院日数が長くなっています。患者数が10未満の項目は、「-」を表示しています。
脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷-その他の手術あり-処置2:なし-副病:なし 22 12.00 9.87 0.00% 74.91
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷-手術なし-処置2:なし-副病:なし 21 7.62 7.52 4.76% 45.62
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)-手術なし-処置2:なし-副病:なし - - 19.35 - -
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし-副病:なし - - 20.57 - -
070341xx99xx0x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)
頸部-手術なし-副病:なし
- - 7.2 - -
治療方針については患者さま及びご家族様に十分説明・相談させていただいた上で決定しています。患者数が10未満の項目は、「-」を表示しています
産婦人科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常-子宮全摘術等 65 11.17 9.88 0.00% 34.12
120140xxxxxxxx 流産 36 1.11 2.43 0.00% 35.00
120170xx99x0xx 早産、切迫早産-手術なし-処置2:なし 15 12.67 20.79 13.33% 32.07
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍-卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 13 6.77 6.42 0.00% 48.62
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍-子宮全摘術等 12 10.50 10.05 0.00% 51.83
正常分娩はDPC対象外の為、本集計には反映されていません。当院では分娩数が比較的多いため異常分娩もそれに比例して多く、胎児および付属物の異常により帝王切開術での分娩数は多くなっています。また、分娩数に比例して流産や早産、切迫早産も多くなっています。婦人科では卵巣嚢腫などの卵巣の良性腫瘍が増加し、子宮筋腫や子宮内膜症などの子宮の良性腫瘍も多くなっています。
眼科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患-手術なし - - 2.61 - -
020280xx99xxxx 角膜の障害-手術なし - - 14.89 - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
短期滞在手術の白内障手術の件数はこの集計には反映されていません。患者数が10未満の項目は、「-」を表示しています。
神経内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:2あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 0、1又は2 14 19.50 16.73 14.29% 70.71
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 0、1又は2 14 28.36 16.54 0.00% 73.71
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー-処置2:4あり-副病:なし 12 10.92 18.04 0.00% 67.42
010230xx99x00x てんかん-手術なし-処置2:なし-副病:なし 12 5.08 7.12 0.00% 63.08
030400xx99xxxx 前庭機能障害-手術なし - - 5.24 - -
脳梗塞のエダラボン有群がより重症であり、在院日数も長く年齢も高い。エダラボン無群はその反対で、転院先の一部は回復期リハビリテーション病棟と思われます。免疫介在性・炎症性ニューロパチーの症例は同一列で繰り返し治療を行いました。てんかんについては、けいれんを生じたため救急搬送されて、一部の例でトッドの麻痺などにより、移動等の基本動作が困難な症例で在院日数もが延びましたが、ほとんどの症例では3日以内の退院でした。前庭機能障害は、めまいにより歩行が困難か、食事摂取が困難な為入院となりましたが、改善は速く平均在院日数も短くなりました。患者数が10未満の項目は、「-」を表示しています。
泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術-処置1:なし-処置2:なし 59 5.19 7.44 0.00% 74.78
11012xxx020x0x 上部尿路疾患-経尿道的尿路結石除去術等-処置1:なし-副病:なし 40 5.85 5.83 0.00% 59.68
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-副病:なし 22 11.27 12.43 0.00% 80.77
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍-手術なし-処置2:2あり-副病:なし 17 10.59 11.71 0.00% 61.29
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:3あり-副病:なし 16 11.56 15.07 0.00% 76.75
泌尿器科では、腎臓・尿管・膀胱・尿道などの尿路臓器や精巣・前立腺などの内分泌臓器に関して、主に外科的疾患の診療を行っています。特に悪性腫瘍の治療に力を入れております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 53 14 - 23 - 19 1 7
大腸癌 14 17 48 41 - 14 2 7
乳癌 10 11 10 - - 26 1 7
肺癌 33 - 14 32 13 15 1 7
肝癌 - - - - - 26 2 5
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の患者さんの人数を初発、stage(病期)別、再発に分類して集計したものです。10症例未満の項目は、「-」を表示しています。当院は平成27年度から地域がん診療病院に指定されており、治療については、手術による外科的治療や抗がん剤による薬物療法など患者さんに合わせた治療を提供し、積極的に地域のがん診療に取り組み、初発から再発まで幅広く対応しています。当院の特徴として、大腸癌が最も多く、次いで肺癌・胃癌となっております。stage1の胃癌が多いのは、内視鏡治療を積極的に取り組んでいる結果です。大腸の内視鏡治療も積極的に行っていますが、stage0になるため、表記の対象外となっています。また、肺癌に関しては進行した患者さんに行う外科的治療が多く、StageⅣが多くなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症 19 7.11 50.1
中等症 71 17.33 81.44
重症 10 36.2 83.7
超重症 - - -
不明 - - -
上記の重症度は成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システム(A-DROPスコア)を用いています。10症例未満の項目は、「-」を表示しています。入院のきっかけとなった病名や入院中最も医療資源を投入した病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎であるものを集計しており、ウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎や気管支炎は対象外となっています。当院では、中等症の患者さんが多くを占めていますが、重症度が高くなるほど平均在院日数が長くなり、平均年齢は高くなる傾向を示しています。
脳梗塞のICD10別患者数等
ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
G45$一過性脳虚血発作及び関連症候群3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$脳血管疾患における脳の血管(性)症候群3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$脳梗塞3日以内 76 31.86 77.12 12.94%
その他 - - - -
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679脳血管疾患,詳細不明3日以内 - - - -
その他 - - - -
ICD-10(国際疾病分類)の分類に基づいた脳梗塞の分類です。10症例未満の項目は、「-」を表示しています。当院ではほとんどが発症して3日以内に来院していますが、軽傷である場合3日を超えて受診しています。その為3日以内に受診した症例のほうが、回復期リハビリテーション病棟への転院と思われる転院の率が高くなっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 187 3.80 5.07 3.21% 72.74
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 170 0.96 1.20 0.00% 68.14
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 96 5.43 12.94 5.21% 79.19
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 43 2.40 5.88 0.00% 72.21
K6532 内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 42 1.19 7.98 0.00% 72.86
昨年と同様の傾向で、冠動脈に対するカテーテル治療と内視鏡的手術が大半を占めています。大腸ポリープ・粘膜切除術が減少したのは、偶発症リスクの低い小病変を外来で治療することが増えたことによります。内科領域で胆管結石・胆管炎の患者数が増えたことと連動して、内視鏡的胆道ステント留置術の割合が昨年より増加しています。
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 61 1.23 2.87 0.00% 50.72
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 40 1.55 3.58 0.00% 60.65
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 23 3.39 14.96 0.00% 71.17
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 20 3.40 13.50 0.00% 68.75
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 18 4.28 8.28 0.00% 73.17
ヘルニアの手術は小児外科の症例も含んでいます。発症後72時間以内の急性胆のう炎は、積極的に手術治療を検討しています。大腸癌、肺癌の手術症例が上位を占めています。また、鏡視下での手術が増えています。化学療法も積極的に施行しています。抗がん剤を投与するためのカテーテル留置術が上位に入っています。
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 20 6.20 56.70 25.00% 87.50
K0811 人工骨頭挿入術(股) 19 10.05 38.16 0.00% 79.68
K0821 人工関節置換術(膝) 12 1.92 29.25 0.00% 75.25
K0462 骨折観血的手術(下腿) - - - - -
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(下腿) - - - - -
当地域でも高齢化が進んでおり、近隣診療所より紹介される大腿骨骨折の患者さんが増加しています。膝・股関節症末期で歩行障害が進行している患者さんも多くおられ、人工関節置換術により治療しています。また、(当地周辺が医療過疎地にあり、近くに適当なリハビリ病院がなく、)急性期治療終了後は地域包括ケア病棟にてリハビリを継続しています。患者数が10未満の項目は、「-」を表示しています。
脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 15 2.13 12.33 6.67% 76.60
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) - - - - -
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓切除) - - - - -
K142-4 経皮的椎体形成術 - - - - -
治療方針については患者さま及びご家族様に十分説明・相談させていただいた上で決定しています。患者数が10未満の項目は、「-」を表示しています。
産婦人科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 65 2.95 9.08 0.00% 34.85
K9091 流産手術(妊娠11週までの場合) 34 0.06 0.00 0.00% 34.91
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 25 1.72 9.76 0.00% 32.60
K867 子宮頸部(腟部)切除術 16 1.00 2.75 0.00% 38.63
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 15 1.20 4.53 0.00% 47.60
産婦人科手術では、分娩数に比例して選択帝王切開術や緊急帝王切開術が多くなっています。最近は分娩数全体のうち帝王切開術の比率はやや増加して20%程度になっています。続いて初期異常妊娠も多く、11週までの流産に施行する流産手術が多くなっています。婦人科手術の中では最近若い女性に子宮頸部高度異形成が増加しているため手術としては子宮頸部(腟部)切除術が増加しています。腹腔鏡による子宮附属器腫瘍摘出術が次に多くなっています。
眼科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 313 0.99 2.25 0.00% 75.30
白内障に対する手術である水晶体再建術が主な入院の手術となっております。
泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 60 1.27 2.92 0.00% 74.77
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 36 1.25 3.92 0.00% 59.28
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 26 0.00 1.00 0.00% 65.04
K843 前立腺悪性腫瘍手術 11 1.45 11.00 0.00% 68.64
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
膀胱悪性腫瘍・前立腺悪性腫瘍が当院で行う悪性腫瘍手術の中では多いです。前立腺肥大症に対する手術も行います。また、結石の治療に関しては、従来の体外衝撃波に加えて内視鏡を用いた手術も最近は増えています。患者数が10未満の項目は、「-」を表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 - -
異なる 16 0.33%
180010敗血症同一 19 0.39%
異なる 25 0.51%
180035その他の真菌感染症同一 - -
異なる - -
180040手術・処置等の合併症同一 13 0.27%
異なる - -
臨床上ゼロにはなりえないものの、医療の質の改善に資するため、少しでも改善すべき4症例の症例数と発症率です。症例数が10件未満はー(ハイフン)としています。播種性血管内凝固症候群(DIC)とは、さまざまな重症の原疾患の急激な悪化により、血栓による臓器不全とともに過度の出血の増加をきたした状態をいいます。当院のDICの症例は契機病名に続発して治療開始したものが多数です。
敗血症とは感染に起因し全身に炎症性反応をきたした状態をいいます。当院の敗血症の症例は、入院契機と同一のものと異なるものがほぼ同数程度です。
更新履歴
9/29
平成29年9月29日第一回目更新
10/20
平成29年10月20日第二回目更新

交通アクセスACCESS

〒619-0214
京都府木津川市木津駅前一丁目27番地

  • 電車でお越しの方へ

    JR木津駅から徒歩1分

  • バスでお越しの方へ

    近鉄山田川駅から奈良交通バスにて10分
    木津駅バス停 下車 徒歩1分

  • お車でお越しの方へ

    当院近くに駐車場がございます。