京都府木津川の病院 京都山城総合医療センター

  • 背景色
来院される方へ
病院のご紹介
医療関係者の方へ

分娩をご希望の方へ

当院は自然分娩を基本として医師と助産師の共同管理による安全で安心感のある良質な医療の提供を心がけています。状況によっては帝王切開術での分娩になることもありますが、小児科医との連携をとりながら十分な管理体制を維持しています。先天性心奇形スクリーニングを開始して京都デジタル疏水ネットワークとの接続により、大学病院への画像伝送による胎児診断も行っています。

分娩について

母児同室

当院ではお昼間のみ母児同室を行って参りましたが、2021年1月より全面的に24時間母児同室を開始いたしました。産後のお母さんの体調を見て産科医師の許可のある方は母児同室を行っています。

正常分娩

自然分娩を基本とし、ご本人およびご家族に元気な赤ちゃんを抱いてもらえるよう、手遅れのないお産を心がけております。また、新生児に体するNICU(新生児特定集中治療室)の設備も整えています。

帝王切開術

経腟分娩を基本としていますが、場合により帝王切開術になることがあります。以下のような時は、帝王切開術を考慮します。

1.臨床上、経腟分娩が不可能な方
2.理由があって帝王切開術となる方
(合併症、骨盤位、前回帝王切開術既往、胎児切迫仮死、前置胎盤、子宮内感染など)
前回帝王切開術の方は、原則として帝王切開術の方向で取り扱います。また、術時は小児科医が立ち会い、緊急時に対応いたします。

当院の帝王切開術では

創部に工夫をして、完治後も違和感が出ないように努力しています。
腹部の傷は下腹部の横切開中心で行い、美容的に考慮しています。

分娩件数

平成30年令和1年令和2年度
分娩数 446 393 427

マタニティクラスのご案内 
~現在、会場での開催を中止しております~

当院にて分娩予定の方対象に、マタニティクラス前期と後期の動画配信を開始しました。
マタニティクラス2-1(前期)内容は、①妊娠中の食事と体重コントロールについて ②おっぱいについて~母乳の利点・マッサージの方法~ ③当産婦人科で行っていること(約22分)
マタニティクラス2-2(後期)内容は、①分娩について ②病棟の紹介 ③みなさまへのメッセージ(約27分)となっています。
動画視聴の方法は婦人科外来にてご案内しております。


アドバンス助産師

当院では、東村衣代、大西裕子、井上智恵の3名のアドバンス助産師がいます。

「アドバンス助産師」とは

CloCMiPレベルⅢ認証制度に基づき、助産実践能力を評価し、妊産褥婦・新生児に対し、安全で安心な助産ケアを提供できると客観的に認めたものをいいます。
当院のアドバンス助産師は助産師経験25年以上、分娩介助件数1000件以上あり、助産師の資格だけではなく、以下の資格も取得しています。


公益社団法人 日本アロマ環境協会

アロマテラピーアドバイザー
アロマテラピーインストラクター
アロマセラピスト
特定非営利活動法人
日本メディカルハーブ協会
メディカルハーブコーディネーター
ハーバルセラピスト
日本アーユルヴェーダ普及協会 (JAPA) JAPA認定アーユルヴェーダ・アドバイザー
当院の産科の特徴

産後の患者様に母乳分泌を促すため、4種類のアロマオイルとバスソルトを使用した足浴を行っています。
また、産後に乳房マッサージと共にアロマオイルを使用して癒しの効果が高い、アロマテラピーハンドトリートメントのサービス、「産後のママのためのハーブティー」を独自でブレンドして母乳分泌を促すためにハーブティーのサービスを行っています。

今後は、アロマセラピストの資格を活かし、産後の患者様にアロマオイルを使用したボディやフェイシャル等のアロマテラピートリートメントを御希望の方に提供していきたいと考えています。


こうのとりタクシー(陣痛タクシー)

当院では山城ヤサカ交通様と提携し、
「こうのとりタクシー(陣痛タクシー)」の運用を行っています。
詳しくはこちらをご覧ください。

介護老人保健施設やましろ

介護老人保健施設やましろ介護老人保健施設やましろ

関連施設「やましろ」のご紹介

介護老人保健施設やましろは病院と家庭の中間に位置する役割を持った施設です。病院のように病気治療を目的とするものではなく、介護・看護・リハビリテーションを通じて在宅生活へ復帰するためのお手伝いをさせていただきます。

詳しくはこちら

交通・アクセスマップ

〒619-0214 京都府木津川市木津駅前一丁目27番地
JR木津駅から 徒歩1分 / 近鉄山田川駅からバス10分

詳しくはこちら GoogleMap
PAGE TOP