当院の褥瘡の予防対策について|京都山城総合医療センター

  • 背景色
来院される方へ
病院のご紹介
医療関係者の方へ

褥瘡対策委員会

理念

褥瘡は、かつてはあまり関心を持たれることもなく、皮膚科や外科系の一部の医師がたずさわっているだけでした。そして、寝たきり患者では必ずといって褥瘡が生じていました。しかし、近年になり褥瘡の治療方法が急速に発達してきましたが、それと同時に、褥瘡の予防、早期発見についての意識が高まってきています。そして、一部の者が関心をもつのではなく、チーム医療によって褥瘡を克服(すなわちゼロに近づける)することが可能と考えられるようになってきています。

方針

褥瘡対策委員会を編成し褥瘡の予防、早期発見に努めています。

活動内容

当院の褥瘡対策委員会の構成は内科系・外科系医師、各病棟の看護師、栄養士、事務職員から成ります。
患者さんが入院すると褥瘡のリスク評価を行い、褥瘡にならないように予防を検討します。 また、褥瘡を持つ患者さんが入院した時や、入院後に褥瘡が発生した時には適切なケアや処置を行って、褥瘡が治癒するよう努めています。さらに、専属の外科系医師、内科系医師が週一回褥瘡回診をしています。これらの取り組みによって、病棟スタッフ一人一人が褥瘡に対する意識が上がり、褥瘡の発生はこの数年で著しく減っています。
地域に対しては褥瘡研究会を開いています。地域の医療スタッフの褥瘡に対する理解を深め、在宅や施設における褥瘡が減少すればと考えております。

介護老人保健施設やましろ

介護老人保健施設やましろ介護老人保健施設やましろ

関連施設「やましろ」のご紹介

介護老人保健施設やましろは病院と家庭の中間に位置する役割を持った施設です。病院のように病気治療を目的とするものではなく、介護・看護・リハビリテーションを通じて在宅生活へ復帰するためのお手伝いをさせていただきます。

詳しくはこちら

交通・アクセスマップ

〒619-0214 京都府木津川市木津駅前一丁目27番地
JR木津駅から 徒歩1分 / 近鉄山田川駅からバス10分

詳しくはこちら GoogleMap
PAGE TOP