院内処方箋を発行する薬剤部|京都山城総合医療センター

  • 背景色
来院される方へ
病院のご紹介
医療関係者の方へ

薬剤部

お知らせ一覧を見る
  • ただいま、お知らせはありません。

私たち薬剤師は、チーム医療の一員として医薬品の適正使用を支援し、より良い薬物療法に貢献することを責務と考え業務の展開をしています。薬剤師が医薬品を通じて、患者さまへのサービス向上に関与し、信頼されるよう努力を重ねています。

院外処方箋について

全ての外来患者さまに院外処方箋を発行しております。
院外処方箋は全国の調剤薬局に共通しておりますので、どこの調剤薬局でも自由に選択が可能です。有効期限は発行日を含めて4日間です。薬剤部の窓口に、近隣調剤薬局の案内一覧表を用意してますのでご利用ください。また、FAXを設置しておりますので、遠方の薬局を利用される方はご自由にお使いください。 その他、ご相談やご質問等がございましたら、お気軽に薬剤部までお申し付けください。

業務内容のご紹介

調剤業務

調剤室では、各診療科の医師よりオーダリングシステムに入力された処方について、処方上の不備や調剤上の問題点がないか等を確認し、調剤しています。錠剤、カプセル剤は、内規に準じて自動錠剤分包機による一包化調剤を行っています。

業務内容のご紹介

注射薬調剤業務

主に入院患者さまを対象に、注射薬の個人別セットを行っています。投与量・投与方法・投与期間・配合変化(注射薬の中には混合すると濁ってしまったり、効果が減弱してしまったりすることがあります。)などをチェックし、病棟へ届けています。

製剤業務

薬剤部内には無菌室があり、注射薬(抗がん剤)の混合製剤(ミキシング)と院内製剤の製剤化を行っています。無菌室の設備を用いると無菌的に注射薬を混合することができます。院内製剤とは、市販されていない医薬品や消毒剤のことで、これらを特殊製剤として調製しています。

薬剤管理指導業務

入院患者さまの服薬指導を行っています。患者さまのベッドサイドで薬の飲み方や薬の効果を説明したり、患者さまからの質問や要望にお応えしながら薬物療法の手助けをしています。さらに、患者さまの服薬歴や、副作用歴、病状等いろいろな背景を考慮して適正な薬物療法の推進に努力しています。

医薬品情報業務

医薬品について治療上有用な情報を収集・整理し、医師、看護師など医療スタッフに向けて、医薬品情報を提供したり、質問に応えたりしています。また、病院内での副作用情報の収集なども行っています。

その他の業務
  • 医薬品管理、供給業務
  • 糖尿病教室、ICT(感染制御チーム)、NST(栄養サポートチーム)、緩和ケアチーム、循環器カンファレンス参加

スタッフ

職名人数
薬剤師 11名

介護老人保健施設やましろ

介護老人保健施設やましろ介護老人保健施設やましろ

関連施設「やましろ」のご紹介

介護老人保健施設やましろは病院と家庭の中間に位置する役割を持った施設です。病院のように病気治療を目的とするものではなく、介護・看護・リハビリテーションを通じて在宅生活へ復帰するためのお手伝いをさせていただきます。

詳しくはこちら

交通・アクセスマップ

〒619-0214 京都府木津川市木津駅前一丁目27番地
JR木津駅から 徒歩1分 / 近鉄山田川駅からバス10分

詳しくはこちら GoogleMap
PAGE TOP