数多くの放射線検査を行う放射線科|京都山城総合医療センター

  • 背景色
来院される方へ
病院のご紹介
医療関係者の方へ

放射線課

お知らせ一覧を見る
  • ただいま、お知らせはありません。

放射線課の理念

放射線課では、日々変わりゆく医療、検査機器の進歩に合わせて、スタッフがスキルアップに励み、業務に取り組んでいます。
京都山城総合医療センターの理念である「患者様の立場に立った医療を行うこと」を念頭に置き、患者様へ質の高い検査の実施に取り組んでいます。

放射線課の業務内容

放射線課では、主治医の依頼に基づいて種々の画像診断装置を駆使し質の高い画像を作成しており、
画像作成後は放射線科専門医が速やかに診断し、主治医に電子カルテを通じてリアルタイムに提供しています。
当院では院内の画像情報等はデジタル情報としてサーバーに保存しているため、一部検査を除いてフィルムレス運用を行っています。
また、3台の3Dワークステーションを駆使し心臓などの三次元画像診断も行っています。

放射線課では、周辺地域の医院・病院からCT・MRI・骨塩定量などの検査依頼予約も受けています。
また、放射線課では他の診療科と協力し、カテーテル等を用いた治療を積極的に行っています。


スタッフ

職名人数資格
放射線科医 4名

日本医学放射線学会 診断専門医
日本核医学会 核医学専門医
日本磁気共鳴医学会会員
検診マンモグラフィ読影認定医
日本インターベンショナルラジオロジー学会IVR専門医

診療放射線技師 11名

検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師
日本医療情報学会認定医療情報技師
肺がんCT検診認定技師
X線CT認定技師

放射線課の検査(一般、乳腺、CT、MRI、血管造影、骨密度ほか)

一般撮影
X線写真撮影、レントゲン写真を撮る検査です。撮影した画像をデジタル化し、コンピューター処理して診断しやすい画像にします。

一般撮影装置3台…胸部疾患や骨折などを調べるために撮影します。
回診用X線撮影装置2台…病室や手術室などでX線撮影を行う場合に使用します。

乳腺撮影(マンモグラフィ)
脂肪と乳腺、乳がんを区別して写しこむために乳房専用撮影装置を使用し、左右の乳房をそれぞれ圧迫して撮影する検査です。レントゲン写真はいわば白黒写真ですので、マンモグラフィも白と黒の濃度差で表現されます。このわずかな濃度差で、脂肪、乳腺組織、あるいは病変や石灰化が写し出されます。よって、触知できない小さな腫瘤(しこり)や石灰化の病変も見つけることが出来るのです。


放射線課の検査(一般、乳腺、CT、MRI、血管造影、骨密度ほか)

(2012年3月、マンモグラフィ撮影装置の更新を行いました。)

●なぜ圧迫するの?
マンモグラフィでは乳房を圧迫しながら薄く均等に広げます。
こうすることによって少ない被ばくで乳房の中をより鮮明に見ることができます。1㎝薄くなれば被ばくは約半分に低減できます。

・マンモグラフィで見た乳房
実際に撮影された乳房のマンモグラフィ写真です。白くみえるのが乳腺です。乳がんに限らず腫瘤(しこり)があると白い影として見えますし、乳がんに多い石灰化も見つけることができます。
妊娠中・授乳中の方は注意が必要ですが、それ以外の人は乳がん検診でX線の被ばくリスクよりも乳がんを見つけられるメリットのほうが大きいと言われています。マンモグラフィ精度管理中央委員会では2年毎の乳がん検診を推奨しています。


CT検査

80列マルチスライスCT

体内を透過したX線情報をコンピューターで処理をして断層画像として表示する装置です。2015年11月より新しいCT装置が導入されました。64列マルチスライスCTから、0.5㎜スライス厚で80列の同時撮影が可能な80列マルチスライスCTに変わり、撮影時間の短縮が可能となりました。また、逐次近似応用再構成技術「AIDR3Denhanced」、金属アーチファクト低減機能「SEMAR」の2つの機能が加わりました。これらの改良で、以前の装置より高速で高画質な撮影ができるようになり、また、開口径も広くなり患者さんに優しい検査が可能となりました。循環器疾患・脳血管・微細な肺がん等、極めて精度の高い診断を可能にします。

骨盤の画像 左 SEMAR処理前 右 SEMAR処理後

MRI検査

MRI磁気共鳴診断装置
MRI検査

強い磁気と特殊な電波により、人体内部の構造をタテ、ヨコ輪切りにした鮮明な像として見ることができます。
超伝導磁石とコンピューターを用いた画像診断装置です。

頭部

頭部MRA(脳血管)

頭部Diffusion(脳梗塞)

頭部T1造影(脳腫瘍)


胸部

心臓(心機能)

乳房(乳がん)

腹部

肝腫瘍:EOB

腹部MRA(非造影血管)

骨盤(子宮筋腫)

MRCP(胆道系疾患)

骨盤(前立腺がん)

脊椎・四肢

頚椎(ヘルニア)

腰椎(ヘルニア)

手(リウマチ、骨膜炎)

膝関節(靭帯)

下肢MRA(非造影血管)



血管造影検査

血管造影撮影装置
多目的血管造影システムで全身の血管をリアルタイムにきめ細やかな動画像・静止画像の造影撮影ができ、インターベーション(治療)にも対応しています。がん・心筋梗塞・狭心症などの診断や治療に効果を得ています。

骨密度検査

X線骨密度測定装置
骨密度を測定することにより、近年社会の高齢化に伴い増加している、骨粗しょう症の診断・予防を行い、適切な治療方針を決定できます。
骨密度検査

造影検査・透視下検査

X線透視で身体内部の様子を観察します。胃や大腸のバリウム検査などを行います。
DR透視台…平成20年4月に導入されたFPDを用いてX線を画像化しています。

他にも
外科用イメージ…手術中のX線透視を行います。
泌尿器専用透視台…泌尿器科の処理・検査に使用しています。
結石破砕装置…尿管結石などを衝撃波で砕きます。
等の機器があります。
造影検査・透視下検査

介護老人保健施設やましろ

介護老人保健施設やましろ介護老人保健施設やましろ

関連施設「やましろ」のご紹介

介護老人保健施設やましろは病院と家庭の中間に位置する役割を持った施設です。病院のように病気治療を目的とするものではなく、介護・看護・リハビリテーションを通じて在宅生活へ復帰するためのお手伝いをさせていただきます。

詳しくはこちら

交通・アクセスマップ

〒619-0214 京都府木津川市木津駅前一丁目27番地
JR木津駅から 徒歩1分 / 近鉄山田川駅からバス10分

詳しくはこちら GoogleMap
PAGE TOP