手術前後のリハビリも全面サポートするリハビリテーション科|京都山城総合医療センター

  • 背景色
来院される方へ
病院のご紹介
医療関係者の方へ

リハビリテーション科

お知らせ一覧を見る
  • ただいま、お知らせはありません。

理学療法部門・作業療法部門・言語聴覚療法部門の各スタッフが早期から良質な訓練プログラムを提供し、患者さんのQOLの維持・向上を目指します。

理念

『地域の中核病院として、早期から良質なリハビリテーションを提供し、住民のQOLの維持・向上を目指す』

基本方針

地域の急性期病院として、高度なリハビリテーションを提供する。
山城南圏域の地域リハビリテーション支援センターとしての機能を発揮し、地域の他の医療機関や福祉・介護施設との連携を推進する。
ワーク・ライフ・バランスを考慮した、働きがいのある職場環境づくりに努める。
病院経営の健全化のために責務を果たす。

施設基準

脳血管疾患等リハビリテーションⅠ
運動器リハビリテーションⅠ
呼吸器リハビリテーションⅠ
がんリハビリテーション

特色

当科は山城南圏域の中核病院として整形外科・神経内科・脳外科・外科・内科をはじめとする各診療科より超急性期(術前また術直後)からの訓練を中心に施行しています。

患者様1人1人に合わせた評価・訓練プログラムを専門スタッフが作成し、訓練を実施します。そして、社会復帰や発症前のADL(日常生活活動)の獲得、介助者の負担軽減を目指しながら、患者様のQOL(生活の質)の向上に取り組んでいます。

また、当科はチーム医療(栄養サポートチーム・褥瘡チーム・緩和ケアチーム)活動にも積極的に取り組んでいます。

 

平成15年に山城南圏域地域リハビリテーション支援センターに指定され、リハビリ相談事業、従事者研修会の開催、施設への訪問を通して、リハビリ従事者・介護サービス関係者の方々に知識・技術・情報提供により地域との連携を深め地域リハビリテーションにおいても充実を図っています。

理学療法(PT)

理学療法では疾病による機能低下や障害を持たれた方に対して、『寝返る・起き上がる・座る・立つ・歩く』といった基本動作が行えるように、身体機能の回復をサポートしています。

発症直後・手術前後の急性期から集中治療室やベットサイドで基本動作などの獲得を目指し早期離床を進め、回復期では更なる機能回復や能力改善を図り、生活復帰や社会復帰を目指して訓練を実施しています。

また、最近は生活習慣病予防・転倒予防・介護予防など予防分野に対しても指導・訓練を実施しています。

このような方に実施しています。

足の骨折、変形性股関節・膝関節症、リウマチ、胸部・腹部の手術前後、脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、悪性腫瘍、呼吸不全(肺炎・肺気腫など)、心筋梗塞、・・・
理学療法(PT)

作業療法(OT)

作業療法とは「作業活動」を用いて治療・指導・援助を行うリハビリテーションの一つです。

日常活動の諸動作、仕事・遊びなど人間の生活全般に関わる諸活動を作業療法の「作業活動」と呼び、治療や援助もしくは指導の手段としています。

当センターでは、病気や事故のために身体に障害を負った方々に早期から関わり、今後生活していくための問題点を的確に評価し、色々な作業活動を用いて治療を行います。また、障害があっても残された機能を最大限に活用し、身辺動作や家事動作、仕事への復帰を目指した訓練を行います。さらに、在宅でも生活しやすいように必要に応じて在宅改修の提案や家族への介助方法の指導などを行います。

 

このような方に実施しています

脳梗塞、脳出血、パーキンソン病、関節リウマチ、腕や手・指の骨折後、指の腱損傷後、

末梢神経損傷、脊髄損傷など
作業療法(OT)

言語聴覚療法(ST)

人とコミュニケーションをとることや食べ物を食べることは、私たちが日常でごく自然におこなっている行為のひとつです。しかし脳梗塞や脳出血などの後遺症、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経難病ではこれらの機能が障害されることがあります。聞くことや話すことなど、ことばに関する能力が障害される失語症や呂律がまわらなくなる構音障害の方には、ことばや発音の訓練、残された機能を活かせるようなコミュニケーション支援を行っています。また、注意力や記憶力などの高次脳機能に低下がある方には、日常生活や仕事への復帰に向けた訓練を行っています。

食べたり飲んだりすることが難しくなる摂食嚥下障害の方には、医師や看護師などさまざまな職種と連携しながら、摂食嚥下機能の評価や訓練を行い、食べやすい食事形態や食事姿勢などを考えていきます。

 

このような方に実施しています

脳梗塞、脳出血、頭部外傷、パーキンソン病など

 

当院の外来では、理学療法・作業療法・言語聴覚療法を受けられる方は予約制となっています。尚、都合により変更になる場合がありますので、ご了承下さい。
言語聴覚療法(ST)

対象とする患者の病気・症状

脳血管疾患 脳出血、脳梗塞、脳腫瘍、頭部外傷、パーキンソン病など
運動器疾患 骨折、脱臼、腱・靱帯損傷、人工関節術後、関節リウマチなど
呼吸器疾患 肺気腫、呼吸不全、肺炎、外科術前・術後の呼吸合併症予防など
循環器疾患 心筋梗塞、心不全など

介護老人保健施設やましろ

介護老人保健施設やましろ介護老人保健施設やましろ

関連施設「やましろ」のご紹介

介護老人保健施設やましろは病院と家庭の中間に位置する役割を持った施設です。病院のように病気治療を目的とするものではなく、介護・看護・リハビリテーションを通じて在宅生活へ復帰するためのお手伝いをさせていただきます。

詳しくはこちら

交通・アクセスマップ

〒619-0214 京都府木津川市木津駅前一丁目27番地
JR木津駅から 徒歩1分 / 近鉄山田川駅からバス10分

詳しくはこちら GoogleMap
PAGE TOP