総合診療を行う総合内科|京都山城総合医療センター

  • 背景色
来院される方へ
病院のご紹介
医療関係者の方へ

総合診療を行う総合内科

お知らせ一覧を見る
  • ただいま、お知らせはありません。

総合内科の紹介

近年の医療の進歩や変遷にともない、現在の中核病院では、高度医療を推進し、専門別診療体制へ進む傾向にあります。
当病院においても、それぞれ臓器別に専門分野を持ち、優れた知識や技術を提供する"エキスパート医"は多数在籍しており、内科診療における一つ一つの疾患への診断や治療は確実に進歩をとげております。
しかし、日本では超高齢化社会を迎え、病院を訪れる患者さんの多くは複数の疾患を抱えており、必ずしも訴えや症状は一つにとどまらず、疾患も多岐に渡ることが多くなっています。このため各分野の専門医師は連携して適切な診断や治療を施さなくてはなりません。また、種々の疾患を抱える患者さんの全身管理は専門科にとっては逆に難しくなっているのも現状です。これらの現状から、患者さんの多様なニーズに適切に対応する総合的な臨床能力が重要となっています。
当科では、あらためて"内科"の本質に戻り、"「病」を診るだけではなく、「人」を診る"という原点に立ち返り、専門科との連携を含め、総合的に内科診療を行うことで、最終的に患者さんに医療における最大のmedical benefit(医療の利益)が得られるように努めてまいります。

総合科とは?

アメリカでは、1970年代終わり頃から1980年代にかけて、余りにも専門分化しすぎた医療のあり方への問題提起から、Primary care(プライマリ・ケア)の考え方が推進されました。アメリカ科学アカデミーの定義(1978年)では、プライマリ・ケアは次の5つの項目を満たすものとされています。

(1)Accessibility
(近接性)
a. 地理的、b. 経済的、c. 時間的、d. 精神的
(2)Comprehensiveness
(包括性)
a. 予防から治療、リハビリテーションまで
b. 全人的医療
c. よくある疾患を中心とした全科的医療
d. 小児から老人まで
(3)Coordination
(協調性)
a. 専門医との密接な関係
b. チーム・メンバーとの協調
c. Patient request approach(住民との協調)
d. 社会的資源の活用
(4)Continuity
(継続性)
a.「ゆりかごから、墓場まで」
b. 病気の時も健康な時も
c. 病気の時は外来-病棟-外来へと継続的に
(5)Accountability
(責任性)
a. 医療内容の監査システム
b. 生涯教育
c. 患者への充分な説明

これらの複雑な疾病群の診断や治療に対し、効率的・科学的に治療の優先順位を決定し、適切な専門科との連携を行ういわゆる"病院診療でのプライマリケア"の実践を進めます。

外来担当表

内科(糖尿病・代謝内科/呼吸器内科/消化器内科/循環器内科/リウマチ科)
 
1診
糖尿病・
代謝内科
中埜 幸治 小林 玄樹 中埜 幸治 関岡 理沙 服部 智仁
2診 山中 亮悦
(循環器)
富安 貴一郎
(循環器)
堤 丈士
(循環器)
本山 晋一郎
(循環器)
富安 貴一郎
(循環器)
3診 齋藤 圭太朗
(リウマチ)
村上 憲
(リウマチ)
山田 忠明
(呼吸器)
内野 順治
(呼吸器)
村上 憲
(リウマチ)
4診 川端 利博
(消化器)
新井 正弘
(消化器)
田邊 利朗
(消化器)
加藤 隆介
(消化器)
新井 正弘
(消化器)
5診 午前  服部 智仁 
(新患)


午後  堤 丈士
新宮 靖樹
(新患)
齋藤 圭太朗
(新患)
担当医
(新患)
小林 玄樹
(新患)
(外科 1診)
※2・4週のみ
中西 雅樹
(呼吸器・感染症)

受診について

・当院では患者さんの待ち時間を短縮するため、予約制を導入しています。
・ご予約方法は一般の患者さんと医療関係の方で異なります。

介護老人保健施設やましろ

介護老人保健施設やましろ介護老人保健施設やましろ

関連施設「やましろ」のご紹介

介護老人保健施設やましろは病院と家庭の中間に位置する役割を持った施設です。病院のように病気治療を目的とするものではなく、介護・看護・リハビリテーションを通じて在宅生活へ復帰するためのお手伝いをさせていただきます。

詳しくはこちら

交通・アクセスマップ

〒619-0214 京都府木津川市木津駅前一丁目27番地
JR木津駅から 徒歩1分 / 近鉄山田川駅からバス10分

詳しくはこちら GoogleMap
PAGE TOP